Diary

2017.12.03 12月

 

こんにちは。

12月になりました。

街中はクリスマスへのカウントダウンが始まっています。

キラキラと輝くクリスマスツリーやイルミネーションを見るとワクワクした気持ちになるのはいくつになっても変わらないものなのだなあと思う今日この頃です。

12月はお仕事にプライベートに、皆様一際お忙しい時期かと思います。

寒さも本番を迎えましたので、くれぐれもお身体にはお気をつけて年末までの日々をお過ごしください。

 

 

クリスマスに近付いてくると同時に、ジュエリーラインのお問い合わせも沢山いただくようになりました。

多数お問い合わせをいただく、ダイヤモンドが光るスピカシリーズと枝をモチーフにしたブランシュシリーズ。

両シリーズともリングはゴールドとシルバーの2色でご用意しております。

 

 

リュバンのイヤリングとブランシュのチョーカーネックレス。

ブランシュのチョーカーネックレスは、シルバーカラーでクールな印象ですが、レースのようなしなやかなカーブラインが女性らしさも忘れません。

最近シルバーが気になっている方にオススメしたいコーディネートです。

 

 

ここで少し私事を。

今日は思いもよらぬ再会がありました。

昔、大切な友人と行ったレストランのシェフに偶然再会したのです。

数年前のある日、たった一度のディナーでお料理を作っていただいたシェフだったのですが、お顔を見た瞬間に当時の記憶が鮮明に蘇りました。嬉しさと感動と懐かしさが一気に溢れた、なんだか不思議な気分でした。

ある一日のほんのわずかな時間が、私の中で気付かぬうちに意味のある時間になっていたのだと思いました。

毎年今頃になると、月日の流れは本当に早いと感じることが増え、過去や未来について考える機会も増えます。

たった一度の出逢いや出来事でも、心に刻まれて覚えていることがある。繋がっていくことがある。

これから出逢う方々、すでに出逢ってくださった皆様、STRIを手に取ってくださるお客様との時間にも、全てにきっとなにか意味があると、常にそんな風に思えたらそれはなんて理想的なんだろうと思うのです。

今日抱いたこの不思議な感覚を忘れずにいたいです。

最近なかなか会えていないその彼女を誘って、また二人でそのレストランへ行きたいなと思った夕暮れ時でした。

 

 

2017年も残すところあと1カ月。

今年最後の大阪と東京のイベントでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。